洗顔方法はニキビのタイプによって違う

ニキビケアは症状が悪化する前の初期段階にケアしてあげることが重要なポイントになってきます。ニキビの予防や鎮静させるには肌を清潔に保つことです。しかし、早く治したいからと1日何度も洗顔したりするのNGです。洗いすぎによって肌に必要な皮脂までとってしまい、余計に皮脂の分泌を増加させてしまいます。結果、毛穴がさらに詰まって新たなニキビが生まれてしまうなんてことにも繋がってしまいます。
また、間違った洗顔方法を続けることもニキビ悪化や再発に繋がるので注意が必要です。使用する洗顔料や洗顔方法はニキビの症状によって使い分けるのもいいでしょう。皮脂の量は季節によって変わります。今あるニキビや肌質にあった洗顔料を選びつつ正しい洗顔方法を始めましょう。

白ニキビ・黒ニキビ

ニキビの軽度段階と言われているのがこの2つです。白ニキビは毛穴に皮脂や古い角質やメイク汚れが使ってふっくらもりあがっている状態。黒ニキビは白ニキビが空気に触れたことで酸化して硬くなり黒ずんでしまった状態です。よく言われている黒ずみですね。

この2つは毛穴の汚れを落としてくれるスクラブタイプの洗顔料で優しく取り除いてあげるといいです。スクラブはソフトタイプで、できれば粒子の細かいものが理想的です。粒子が細かいほど毛穴の汚れをしっかり絡めとってくれるからです。具体的な対策は以下のサイトがとても参考になります。

繰り返すニキビにさようなら!根本からのニキビケア

赤ニキビ・黄ニキビ

この2つのタイプは黒ニキビが悪化して毛穴の奥で炎症をおこしてしまっている状態です。赤ニキビは炎症の初期段階、黄色ニキビはさらに悪化して毛穴の中に膿が生まれてしまっている状態です。膿はこのまま放置しておくとさらに炎症が進行し、凸凹のクレーターニキビ跡になってしまいます。そのため、皮膚科などで膿を取り除いてもらいましょう。セルフケアはあまりおすすめできませんが、やるとすれば清潔な状態の肌に消毒をした専用の器具などで優しく押し出してあげます。

このタイプの洗顔料はクレイタイプがおすすめです。クレイには皮脂や汚れを吸着させる特徴があるので、肌に低刺激ながら汚れはしっかり絡めとってくれます。スクラブタイプは選ばないで下さい。